中2数学:連立方程式の利用・文章問題(割合の問題)

問題

かつ丼1つとオムライス1つを買った→定価だと1400円。
かつ丼は2割引き、オムライスは3割引きで、1060円だった。
かつ丼とオムライスの定価をそれぞれ求めなさい。

↓↓

 

基礎知識とポイント

ステップ1

 

問題文を見てみよう!

 

 

求めたいものをx、yとおくので

  • かつ丼の定価 x円
  • オムライスの定価 y円

ステップ2

 

問題文を見てみよう

 

この文章から「2つの連立方程式」を作る必要があるんだけど、できるかな??

まず、

 

①から、

かつ丼1つ+オムライス1つで、定価が1400円だから

→ x+y=1400・・・①’

 

②から、

かつ丼は2割引き → 値段は? → 0.8x

オムライスは3割引き → 値段は? → 0.7y

だから

0.8x+0.7y=1060・・・②’

 

①’と②’の連立方程式を解く!!

②’は、小数を消すために「両辺10倍」するのが良いね!

8x+7y=10600・・・②’’

 

これを解いて・・・・

答えだけ言います。

x=800,y=600

 

だから、

かつ丼の定価は800円、オムライスの定価は600円・・・(答え)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA