中2数学:一次関数の利用(図形上を点が動く【動点問題】)

ポイント

三角形の高さが変わる

点Pがどの辺にいるかによって、三角形の高さが違う!→三角形の面積が違う!

Pが存在する辺ごとに面積を考えていく必要がある!

 

xの変域

xの変域とは、xが変化する範囲。

●≦x≦▲ などで表される。

解き方

点PがBC上にいるとき

△ABPは、底辺x、高さ5なので、

・・・(答え)

xの変域は

0≦x≦6・・・(答え)

点PがCD上にいるとき

△ABPの面積は一定だ!

なぜなら、底辺AB(一定)で高さBC(一定)となる三角形だから。

 

 

△ABPは、底辺5、高さ6なので、

・・・(答え)

xの変域は

6≦x≦11・・・(答え)

点PがDA上にいるとき

△ABPの面積を求めたいけど・・・

APの長さがわからないんだけど??

よし、こう考えてみよう!

 

ということで

AP=17-x とわかる。

△ABPは、底辺5、高さ(17-x)なので、

・・・(答え)

xの変域は

11≦x≦17・・・(答え)

 

次行ってみよう!!

これも良く出る、水槽から水を抜く問題

中2数学:一次関数の利用(水槽から水を抜く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA