中2数学:式の計算1

中2数学の基礎とも言えるのが式の変形!

基礎の基礎なので、絶対に理解してから先に進もう!

例として「2a2-a+5」で見ていこうね。

 

項を考える前に、まずはこの式を分解しよう!!

下の3つに分解できるね?

  • 2a2
  • -a
  • +5

分解のポイントは、「かけ算だけで表されるブロックごとに分けること」

 

分解した3つを掛け算だけで表すと、こうなる↓

  • 2a2 = 2 × a2
  • -a= -1 × a
  • +5= 5

 

項は、それぞれのブロックそのもの。だから

項は、2a2、-a、5

係数

係数は、文字式の先頭にある「数字」のこと。

 

分解した3つの項の中で、文字式であるものは・・・?

  • 2a2
  • -a

↑この2つの項だね?

 

先頭に隠れている「数字」は??

 

だから、

2a2の係数は、2

-aの係数は、-1

次数

次数は、掛け合わされている文字の「個数」のこと。同じように見ていくと・・・

だから

2a2の次数は、2

-aの係数は、1

5の次数は、0

何次式か?

この式は何次式?

 

→分解して、最も次数が大きいブロックは「2次」

だから、

この式は2次式

同類項の計算

同類項とは、文字部分が同じ項のこと。例えば

 

同類項をまとめる

だから、答えは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA